2016年 10月 の投稿一覧

片づかない悩みを解消する収納リフォーム

家をリフォームするきっかけになる理由に、収納不足をあげる人というのは少なくありません。家族が増えたり家族がそれぞれに成長してゆくことで、家に求められる機能は変化して行くし、増え続けるさまざまなもので家の中がいっぱいになってしまうというのは多くの人が抱える悩みのひとつです。そこでリフォームして収納スペースを増やそうと考えるわけなのですが、家の中が物であふれていて片付かないという悩みを持つ場合、単純に収納スペースを増やすだけでは単に死蔵品を増やしてしまうことに繋がりかねません。大切なのは自分の持っているものが把握しやすく、物の出し入れをしやすい収納を作ることです。物の置き場所のルールをその家庭なりに決めておくことも大切で、家族それぞれの持ち物がリビングに散乱している状態のまま収納スペースを造ったとしても、あっという間にスペースが足りなくなることが考えられます。物の置き場所のルールを見直し、ただ広いだけでなく使い易いスペースにしてこそ物を片付けやすくなるというものです。

後悔しない二世帯リフォームの注意点

共働きをしている夫婦にとっては、両親と同居をすることにはメリットがあります。
しかしメリットがあると思って同居をしたのに、親子関係に亀裂が入ってしまうようなことになってはいけませんので、二世帯にリフォームをして暮らすようにしたほうがいいでしょう。
その方が、お互いが遠慮せずに暮らしやすくなりますので、ストレスをためにくくなります。
二世帯リフォームをするときの注意点としては、縦割りにするか横割りにするかというのがあります。
横割りにして一階と二階で分けた場合には、生活の時間帯が違うことによって、音の問題が出てくることになりますので、結局遠慮しながら生活をしなくてはなりません。
縦割りにする場合でも、間取りによっては音が気になることがありますので、間取りも工夫していくようにしましょう。
うまく二世帯にすることがお互いのためになりますので、工夫をしながらお互いが暮らしやすい家にリフォームをしていくといいでしょう。

リフォーム契約書のチェックポイント

リフォームするときに限らず、契約を交わすときには、必ず契約書が発行されます。
契約書は、小さない文字で難しい内容が書かれているというイメージがあるので、内容をしっかり確認しないという方も多いのではないでしょうか。
リフォームの契約書には、工事を行う業者名やかかる費用などは記載されていても、どのような材料を使用してどのような工事を行うのか具体的な工事内容が記載されていないものがあります。
そのような場合は、別途資料が添付されていることがほとんどなので、具体的な工事内容が記載されていない場合は、資料が添付されているかどうかを確認しておきましょう。
契約書にサインをするときは、見積りと記載されている工事費用や工事にかかる日数が同じかどうかということを確認してからサインを行わなければいけません。
サインをしてしまうと内容を認めてしまったということになるので、間違いがないか必ず確認をしてからサインを行いましょう。

サッシのリフォームのポイント

サッシをリフォームする人が増えています。
その目的は、窓のガタつきをなくして開け閉めしやすくしたい、防音したいなどです。
劣化したサッシを新しくしたいという人もいるでしょう。
そのリフォームをする際のポイントは何でしょう。
窓のガタつきをなくしたい場合はサッシ周りをリフォームしてください。
防音したいという場合は二重サッシに変えましょう。
一緒に窓を二重窓にしたり、窓ガラスを複層ガラスに変えるのもおすすめです。
サッシを新しくする場合については、多種多様なものがありますから、よく比較、検討しましょう。
その施行法も考えてください。
目的に合ったリフォームプランを立てましょう。
その相談は無料という業者もあります。
また、料金の見積もりが無料という業者も多いです。
あなたの予算に合わせて、他にこういうリフォームができるといったことも提案してくれます。
なおマンションに住んでいる人はちゃんと大家さんに相談してください。

ベランダのリフォームの注意点

ベランダのリフォームをする理由には快適さの維持または向上を図るという二つのことが考えられ、そのためにリフォームをする際には注意しなければならない点が3つほどあります。
1つ目は風通しと目隠しができるかどうかです。風通しが悪いと季節によっては雨などで湿気が溜まったり部屋の空気の入れ替えがはかどらなかったりなどの問題が起きてきます。また、その上で周囲からの目を遮るような工夫も大切です。
2つ目は防犯と安全に対する考慮が必要であるということです。防犯については犯罪者の侵入といったことが起きた場合に隠れ場所にならないようにする必要があるので、上記の目隠しとのバランスをどうするか考える必要があります。安全についてはまだ幼い子供がいる場合に怪我をしないようにする配慮が必要です。
3つ目はベランダに木材を使用するときには素材選びを慎重にしなければなりません。選ぶ木材によりメリットとデメリットがあるので、重視する点を明確にしておく必要があります。
以上のような注意点が挙げられ、これを踏まえた上で自分の納得いくような判断を下しましょう。

激安価格をうたっている外壁リフォームの問題点

マイホームの美観アップや長寿命化の為に定期的に必要となる外壁リフォームですが、少しでも安く済ませたいという一心から、激安価格をうたっている業者を中心に検討するという人が多くなっています。確かに、安く外壁リフォームができることは一見魅力的ではありますが、その一方で激安価格をうたっている業者には問題点もあるので、十分に注意しながら検討することが必要です。
激安の外壁リフォームで最もよく見られる問題点は、工事のクオリティの低さです。コストカットの為に技術が未熟な職人を使ったり、手抜き工事が行われるケースもあるので、工事のクオリティの評判を確認することが重要となります。また、激安価格を実現できる理由として、自社オリジナル塗料の使用を挙げている業者も見られますが、こうしたオリジナル商品は、大手メーカーの商品よりも品質に劣るケースが少なくありません。
外壁リフォームは、住宅の安全性にも関わる重要な工事です。激安価格に惑わされず、しっかりと品質を見極めましょう。

水回りリフォームのポイント

最新式の設備機器の搭載された美しいシステムキッチン、さまざまな機能が満載の清潔で快適に使用できるトイレなど、水まわりの設備の進化は目を見張るものがあります。キッチンやトイレなどの水まわりのスペースは家の中でも特に汚れも痛みを起こりやすい場所なだけに、多くの人にとってリフォームしたい箇所として常に上位に入っています。そして水まわりをリフォームで一新することで、生活のしやすさや快適さが各段に向上することも多くの人がリフォームに期待する理由です。現在の設備に使いにくさを感じるとき、例えばシステムキッチンを取り替えるだけでそれが解消する場合と、時には間取りまで改修しなければ使いにくさが解消しない場合とがあります。そして間取りまで交換するような大規模な工事になるほど費用はどんどん高くなってゆきます。でも、リフォームはそれなりに高い費用のかかるものです。現在の不満は何が原因なのか、よく検証してから水まわりのリフォームに取り掛かることがポイントです。

マンションリフォームの基礎知識

マンションは一度買ったらいいというものではありません。
定期的にメンテナンスを行なっていくことが大切なのです。
マンションのリフォームをするためには基礎知識を調べておくことが大切です。
まず、マンションは共同住宅ですので、勝手に進めていくことは難しいのです。
排水管や吸水管、ガス管などが通っているパイプスペースや、玄関のドア、ベランダなどは許可なくリフォームを進めてはいけません。
マンションの管理組合が決めた管理規約がありますので、届け出や承認が必要になることがあります。
リフォームをしたいときには、管理組合に確認するようにしましょう。
リフォームをすることが決まったら、近隣への配慮を忘れないようにしましょう。
前後左右のお宅や同じフロアのお宅には、音が響いたりと迷惑をかけてしまうこともありますので、必ずご挨拶にいくようにしましょう。
マンションリフォームは簡単なものではありませんので、よく考えて行なうようにしましょう。

デザイナーズリフォームとは

デザイナーズリフォームは室内のリフォームを行う場合に建築家に参加してもらい、調和されたグレードの高い改修工事を行うことを言います。従って費用はそれなりにかかる場合もありますが小規模の工事内容の場合にはスタッフが対応することになります。
小規模とは水洗金物の交換や鏡の設置、クロスの貼り替えや二重窓の設置、和室を洋室に変更する、ウォッシュレットの設置、ペット用のドアの設置工事その他の工事を指しこれらにも対応しています。
まずデザイナーズリフォームではその部屋の雰囲気をがらっと変えて創造的かつ魅力的なものにすることが出来ます。
建築家を依頼者が選ぶことは出来ませんが、こだわりを持ちセンスが合わない場合には他の建築家を紹介してもらうことも出来ます。基本的には依頼者の意向にそうように配慮されていますので押しつけは起こらないようになっています。
そしてトータル空間に関わるために予算を念頭に置きますが費用は幾分高くなることは否めません。

システムバスリフォームのプランニングの考え方

システムバスは、工場であらかじめ浴槽や天井、床などといったパーツをつくりこみ、現場では組み立ての施工をするというものですが、ある程度は形式が決まっているとはいっても、実際には建物にあわせたさまざまなプランニングが可能なものです。システムバスリフォームにあたって、まずは浴室の寸法や、戸建て、集合住宅の区別は重要となります。これによって、どのような形式のものがあてはまるかを絞り込めば、あとは機能やオプションなどを見比べながらのプランニングとなります。高齢者が利用するシステムバスであれば、手すりがあったり、床面がすべりにくい加工がされていたり、入口に段差がなく、腰掛けがあって浴槽に入りやすいものを選ぶべきといえます。反対に、子育て中のファミリーであれば、浴室内が広々として親子一緒に入っても圧迫感がないものを選ぶべきです。メンテナンスの都合という面からは、排水口に詰まりやすい髪の毛などがワンタッチで捨てられるもの、カビが生えにくい加工がされているものなどがあり、さらには浴槽の自動洗浄などといった機能をもつものさえあります。