2016年 10月 の投稿一覧

マンションのお風呂のリフォームに必要な予算

浴室は日常的に水を使用している場所でもあるので劣化も早く、リフォームをする時期としては10年から15年だと言われています。
お風呂はからだを綺麗にするだけではなく、1日の疲れをとったり、リラックスする場所でもあるので、できれば綺麗で機能的な浴室にリフォームをしたいと思うものです。
マンションのお風呂のリフォームの相場は、50万円~100万円が相場になっていますが、交換費用が20万円~80万円になっているので予算内に収まるように見積もりを出してもらうと良いでしょう。
最近ではユニットバスが注目を浴びていますが、ユニットバスのメリットは壁を壊さずにリフォームができるという点です。
また、断熱性にも優れているので寒さを凌ぐこともできますし、防水加工になっているのでカビの発生を抑えることができるのも利点だといえます。
さらに浴室テレビやジェットバスなどのオプションを付けることもできるので、事前に業者に相談してみると良いでしょう。

マンションならではのキッチンのリフォームの注意点

主婦にとってキッチンは主戦場でもあり、毎日ストレスなく料理をしたいという場所でもあります。
キッチンの使い勝手が悪かったり、収納する場所が少なかったりするとスムーズに料理を行えないので、できるなら綺麗で機能的なキッチンにリフォームをしたいと思うものです。
キッチンは毎日使うものですし、水回りのリフォームの中でも比較的高価なものなのでカタログだけで簡単に決めずに、実物を見てから決めることが大切です。
特にマンションの場合は規定のサイズが決まっている場合が多く、大きなサイズを購入してしまうと壁などを壊してスペースを増築する必要があるので、今のスペースにぴったり納まるように考慮する必要もあります。
費用の相場はオプションなどで異なってきますが、20万円から数百万円と幅も大きいので、予算に合わせて業者に見積もりを出してもらうと良いでしょう。
また、キッチンカウンターにも大理石やステンレスなどもあるので、好みに応じて選ぶと良いでしょう。

広めのバスルームにリフォームするのがおすすめ

きずなを深めるため、バスに子供と入りたい、また夫婦で入りたい人も多いでしょう。
そういう人は広めのバスルームにリフォームしましょう。
1.25坪のスペースがあれば、親子、夫婦で一緒に入ることができる、広い洗い場ベンチ付きのユニットバスにリフォームすることができます。
将来、家族の誰かに介護が必要になった時、これだと何かと便利です。
洗い場ベンチが付いていれば介護が必要な人といっしょに並んで座って介護することができます。
もちろん子供を洗ってあげることもできます。
広いですから、洗うための作業もすごくしやすいです。
1.25坪以下のスペースしかなくて、広めのバスルームにリフォームすることをあきらめている人もいるかもしれません。
あきらめないでください。
昨今のユニットバスは壁の厚み、また収まり具合なども工夫されたものです。
工夫によって広く感じるということです。
それに変えることが可能かどうか業者に調査を頼みましょう。

リノベーションの種類と施工の際に注意するべき点

リノベーションとは建物を工事し新築状態より性能を向上させることですが、規模ごとにいくつか種類があるので見てみましょう。
まず建物丸ごと増改築する場合があります。例えば二世帯住宅にしたり新たな部屋を設けたり、または高齢者のいる世帯ではバリアフリーにしたり等です。
次に屋外だけの工事をした場合です。例えば外壁や屋根、エクステリア等の修繕を行うことで素材を元々の性能以上のものに交換したりするとリノベーションに当てはまります。
次に水回りの変更をした場合です。例えばシステムキッチンを新しものに変えたり、バスをユニットバスに変えたり、トイレにウォシュレットを取り付けたり等です。
最後に内装の変更です。例えば畳の部屋をフローリングにしたり防音を施したり等です。
また、上記に挙げたリノベーションを今住んでいる住居を使って行うのか、それとも中古物件等を使うのかという事でも種類を分類することができます。
施工の際の注意点は施工の品質をちゃんとチェックすべきということです。工事が進むと見えなくなっていく部分が多いので、できれば工事の途中も見学するなどして希望に沿っているか確認することが望ましいです。

リノベーションできない物件はありますか?

リノベーションが気になる、けれどできない物件もあるのでは、という不安と疑問にお答えします。
残念ながら、リノベーション不可の物件もあります。
もし、中古住宅を購入後のリノベーションを考えているなら、注意が必要です。
特に古い物件の場合には要確認です。
まずは法律上の問題です。
再建築不可の物件は、リノベーションすることができません。
再建築不可の物件とは、道路に2m以上接していない物件や建築基準法施行以前に建てられた物件、道路予定地や、市街化調整区域の再建築不可物件などが挙げられます。
また、マンションの場合は、規約によりますので、そちらも十分に確認しなくてはなりません。
当然ながら、共有部分も個人の改修は不可です。バルコニーや玄関ドアもこれに当たります。
そして、構造上の問題で、リノベーションができない場合もあります。
購入前に建物診断で専門的に判断してもらいましょう。
後悔のない家作りになるように下調べをしっかり行いましょう。

新築とリノベーションの違い

新築とリノベーションには微妙な違いがあります。新築は新しく住宅を購入することです。リノベーションは価格が安くなってる中古の住宅を購入したのちに作りかえることを言います。
次に新築とリノベーションの比較をします。三重県の新築は、自由度がかなり高いですがリノベーションの場合は中古の住宅を購入時の制約を受けたまま作りかえるだけなので、あまり自由は利きません。
費用は中古の住宅を作りかえた方が安いです。反対に新しく購入する方が費用が高くなっています。
最後に新しく購入した方が費用が高くなっているのですが、安心感を求めるという意味では、作りかえるより断然良いです。作りかえた方は、何がいけないかというと床や天井などが劣化したり台風などの被害から身を守ってくれる役割を担っている壁が損傷しているので危険です。耐震に関しても、中古のまま作りかえた方は地盤がしっかりしていないので地震がきてしまうことで倒壊するおそれがあります。

古き良きものと新しい文化の融合

古き良きものを大切にしつつ新しい文化も取り入れたいなら、リノベーション住宅があります。全国各地に有る中古物件を対象に、リノベーションをして新築一戸建てに仕上げます。古い建物には生活感や目立つ汚れがありますが、それ以上に魅力的なのは年月を経ても残る歴史です。壁や天井にあるキズや汚れを残す事で、綺麗な住宅には無い独特の空間に仕上げる事ができます。対象となるのは中古物件ですが、何でも良いわけではないため、建物を選ぶ時はポイントがあります。それは残っているキズや汚れが、建物の味として活かせるかどうかです。また建物に使われている建材も重要であり、年月を経るほどに色が深まる物件を選ぶと良いです。リノベーション住宅は通常の工事とは異なるため、豊富な知識と技術のある専門家に依頼します。設計する時はイメージを明確にすると良く、詳しく伝える事で思いをカタチにできます。施主のこだわりを詰め込む事で、世界に一つだけのオリジナル住宅へ仕上がります。

ライフスタイルに合った住まいをリノベーションで手に入れる

日本の住宅事情では、新築の一戸建て住宅やマンションに住むことに価値を見出してきました。近年はライフスタイルの多様化によって、既存の中古物件を改修し生まれ変わらせる「リノベーション」が注目されています。
リノベーションとは、建物の大規模な工事を行って、新築の状態よりも価値や機能を高めることをいいます。三重県の工務店でリフォーム、耐震性を強化するための壁の補修、二部屋を一部屋に広げるなど間取りや内外装の変更、排水管、換気設備などの工事も含まれます。
リノベーションを前提としての中古住宅の購入は、新築住宅の購入と比較して、費用を20%程度安く抑えることができます。また、中古を再利用することで、環境保護の役割も担うことにもなります。
将来の物件の価値は、立地によって大きく影響します。生活環境が整っている都市部に住みたいなど、新築よりも立地場所を優先する場合にも選択肢が拡がります。経済的にも負担が少なく、自分好みの住まいを手に入れられるのがリノベーションの魅力です。

住宅は新築がいいのか、リノベーションがいいのか

自分の家を持つと考えたときに、新築にすると考える人が多いと思います。ですが、最近では、新築以外の考え方も出てきています。それは、中古の住宅を購入してリノベーションする方法です。
どちらにも、メリットとデメリットがあります。どのような家を希望するのかによって、どちらがいいのかが変わってきます。新築とリノベーションのそれぞれのメリットをひとつ挙げるなら、新築は「好きなように作れる」、リノベーションは「費用が安い」です。ですが、どのような家がほしいのかによっては、リノベーションの方が自由に家作りができる場合もあります。費用が安くできた分、好きなように変えられる、ということです。
他にもメリットやデメリットなどがあり、三重県の工務店で新築の予算や、土地のことなどを相談できることも踏まえて考えます。中古の住宅は、古くさいといったイメージが強いですが、外観もきれいに変えることなどできます。このように、今までとは違った家の建て方や考え方があります。

古い家でも、リノベーションで住み心地の良い家に変身します。

少し前までなら、家は古くなりますと、取り壊して新しい家に建て直す考え方が中心でしたが、最近はリノベーションなどを行って、長く住み続ける意識が高まっています。例えば中古マンションですと、都心部ではとても便利な場所にあり、住環境なども恵まれた部屋でも間取りやインテリアなどが使いにくく、売れ残っている物もあります。そんな部屋を割安で購入してリノベーションを行うことで、住み心地のよく自分らしさのある部屋に変身させることが出来ます。間取りや構造部分を作り変えて、広々としたキッチンのある部屋にしたり、部屋の壁を取って大きなリビングに変えたりして、家族構成に合わせた部屋にする事も可能です。老朽化した給排水なども、全て最新のものに取り替えるだけで、便利で快適な生活を送れます。周辺の新築の住宅に比べても、2割から3割程度は安くなりますので、リノベーションの人気が高まっているのも納得出来ます。三重の新築にこだわらずに部屋を探しますと、とても選択肢が広がり、自分に合った住宅を手に入れる近道になりそうです。