後悔しない二世帯リフォームの注意点

共働きをしている夫婦にとっては、両親と同居をすることにはメリットがあります。
しかしメリットがあると思って同居をしたのに、親子関係に亀裂が入ってしまうようなことになってはいけませんので、二世帯にリフォームをして暮らすようにしたほうがいいでしょう。
その方が、お互いが遠慮せずに暮らしやすくなりますので、ストレスをためにくくなります。
二世帯リフォームをするときの注意点としては、縦割りにするか横割りにするかというのがあります。
横割りにして一階と二階で分けた場合には、生活の時間帯が違うことによって、音の問題が出てくることになりますので、結局遠慮しながら生活をしなくてはなりません。
縦割りにする場合でも、間取りによっては音が気になることがありますので、間取りも工夫していくようにしましょう。
うまく二世帯にすることがお互いのためになりますので、工夫をしながらお互いが暮らしやすい家にリフォームをしていくといいでしょう。

SNSでもご購読できます。